Service Information

Service Information

Finance

オートローンはクルマ本体以外に、最近ではカーライフ全般をサポートしてくれるものが増えてきています。例えば、新車・中古車とも登録諸費用や税金、法定費用のほかにオプションパーツ代金などもローンに組みこむことができるものもございます。つまりローンはクルマ本体だけに適応されるものではなくなってきています。

私たちは様々な信販会社と共にお客様のプランのお手伝いをさせて頂きます。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

一般ローン

12回、24回、36回、48回、60回など毎月返済することを前提に1年から5年で契約するものが多いです。また月々の支払いとボーナス払いを併用して、年2回のボーナス月にまとまった金額を返済することで、月々の負担を小さくできるのも大きな魅力のひとつです。

一般ローン

残価据え置き型ローン

メリットは、なんといっても高価格車をより軽い負担で購入できます。多くの魅力がある残価設定ローンを活用する際にも、注意点はあります。

まず、残価分は最終支払いに回されるだけで、値引きになるわけではなく、支払いが楽になる分、途中でクルマが廃車になったりすると残債が大きくなってしまう。このため車両保険への加入は絶対条件です。
そのため八光カーグループでは長期自動車保険プランもご用意しております。

残価据え置き型ローン

また、残価は保証されているとはいえ、精算時の査定でコンディションがあまりに悪いと追金が発生してしまいます。
メリットとデメリットを正しく判断できれば、初めての購入でも高価格車を安く乗りこなせるし、値引きの少ない輸入車でも気軽に購入を考えられます。

認定中古車に関しても同様のプランをご用意しております。あわせてご利用下さい。

低金利ローン

八光カーグループがご用意するローンプランのほかにも、マセラティジャパンがご用意する低金利ローンキャンペーンもご案内いたします。
ただし、タイミングによって金利や頭金条件、ローン元金条件、支払期間条件などが異なります。

お支払いプランによってはかなりオトクになる場合が多いので、お気軽にセールススタッフにローンプランのシミュレーションをご依頼下さい。

低金利ローン

Insurance

「あなたは自動車保険を安心して任せていますか?」

自動車を所有すると、強制的に自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)へ加入しなければなりません。これは法律で義務づけられています。ところが補償範囲は意外に小さいです。あくまでも対人のみであり、その限度額は1事故1名につき死亡で3000万円、ケガで120万円と限度額が決められています。

自動車保険

事故は必ずしも単独で人と接触するだけではなく、ガードレールなど様々な公共物や他車に損害を与えることも多く、また同乗者にケガを負わせた場合にも賠償責任を負うことになります。
また死亡事故では賠償金が自賠責保険で補償される3000万円では足りないどころか1億円を超えるケースもあり、そうなると、とうてい自賠責保険では役不足となり、自動車保険(任意保険とも呼びます)に加入しています。

任意保険は様々な内容の補償を自由に設定できるため応用性が高いです。最近ではリスク細分型といって、基本となる対人、対物、搭乗者傷害、および自損事故や無保険車傷害などに様々な特約を組み込んでいくことで皆様のニーズにお応えしております。
でも、実際仕組みが複雑すぎて細かいことはとても分かりにくいです。自動車の構造や装備からの割引、お客様のご利用頻度、年数、免許証などからの割引、ご家族含めてのご利用状況からの適切なプランなど様々なパターンがございます。

また、自動車保険は万が一の時のためにご加入いただくものです。最近では事故だけではなく、車上荒らしや車両盗難が急増しております。平成13年度の統計では、損保会社全体の車両保険金の払件数が前年度比74%増、支払額は520億円で26%増にもなっています。(指数は平成4年を100とした場合の数字です。)

お客様個人だけではなく、ご家族との組合せや2台目、3台目との組合せ、バイクや利用用途など総合的にご案内いたします。割引も有効活用しないと損です。
また、メンテナンスや事故の際の板金塗装も含めて八光カーグループにお任せ頂ければ安心です。カーライフ・アドバイザーとして様々なご提案をしてまいります。

Copyright © 2011 HAKKO CAR GROUP. All Rights Reseved.